モノゴトを2つの視点で見る・楕円のブログ― Oval Views Blog ―

  1. ホーム
  2. >
  3. ブログ

ブログ始めました;モノゴトは2つの視点で見る

当社名の由来にもなっている「オーヴァル」楕円形。一つの中心を持つ真円ではなく、二つの中心を持つ楕円、モノゴトも二つの視点で見ると違うものが見えてきます。

仕事がデキる人の7大条件

仕事がデキる人、とはどんな人?次のような7つの共通の特徴があるそうです。、
1.相手の視点で考えられる
自分の仕事は、相手はどんな形で渡されたいか、どすればその先の仕事にうまくつながるか、それを考えられると仕事のクオリティが上がる。
2.頼みごとや交渉が上手く、人を動かす
コミュニケーションが上手で、人にうまく仕事を振ることが出来る。自分で抱え込んで時間を無駄にしたりせずに、人に頼むことでスムーズに全体を進行させる。人を説得するコミュニケーションが出来る。
3.ノーと言える
やらないことを決めて、出来ないことは引き受けない。やらなくていい仕事や出来ない仕事を引き受けて効率をさげることがない。相手も嫌な気持ちにならないように、きちんとした理由を説明して断ることが出来る。
4.成果の上がったやり方は上手く真似する
成果が上がった方法、うまくいったやり方、良い習慣、などをうまく真似て自分も実行できる。その結果、自分たちにとってベストな方法を見つけることができる。そのためにあらゆる情報のアンテナをはっている。
5.仕事の細部と全体像の両方を見渡せる
仕事の細かい部分もチェックできるし、また一歩引いて全体像も見渡せる。いわゆる、虫の目と鳥の目、両方を持っている。
6.目標がはっきりしている
最終目標や仕事の期限を明確に設定している。それによって、過程の道筋で何をすべきかもハッキリする。終わりから逆算して仕事をするので作業効率がいい。
7.優先順位をつけて効率よく作業をする
今日のうちに必ずすべきこと、明日でもいいことを見分けることで、一日の時間を有効に使える。完璧すぎずに、抜くところは抜いて必要なことに柔軟に時間を配分する。

1.~4.は「他者との関わり」、5.~7.は「段取り」に関わる部分です。このほかにも、”整理・整頓ができている”、”すぐやる、着手行動が早い”、”オン・オフの切替ができてリフレッシュできる”、などもあるそうです。
自分に当てはめてみると、、、う~~ん

名もなき名言

「あたりまえ」を、「ありがとう」と言うのが感謝。
「だからなに」を、「おめでとう」というのが賞賛。
「あしたから」を、「今日から」というのが意欲。
「もうだめだ」を、「これからだ」というのが希望。
「なりたいな」を、「なってやる」というのが決意。

ありがとう! おめでとう! 今日から! これからだ! なってやる!
(2020.11.06)

老後2000万円不足?いえもっと足りませんよ!

2019年6月に世間を騒がせた「老後生活2000万円不足」問題、忘れた方もいるかもしれませんが、読者のあなたにも老後は確実に近づいています。
簡単に言えば、老後生活での収入(主に公的年金)と平均的生活での収入の差額で毎月5万円の赤字になりますよ。老後生活が30年続くと赤字合計が約2000万円になるので、そのくらいの蓄えがないと老後は暮らせません、ということでした。
この計算には二つの落とし穴があります。まず一つ目は、ローンを払い終わった住宅があることです。しかし最近の住宅ローンの完済年齢が70歳、75歳にまで上がっています。老後に住宅ローン返済が残ると毎月の赤字は増えて、最悪、ローン返済ができずにマイホームを手離すことにもなりかねません。
二つ目は、夫65歳、妻60歳の高齢者夫婦をモデルにしていることです。昨今は、男女問わず、様々な事情で”お一人様”が増えています。老後になってお一人様になることあり、そうなると収入である年金額がガクッと減ります。
これらを考え合わせると、2000万円どころか、3000万円は必要だという専門家もいます。
65歳までに2000万円も貯められないよ! 年金は月21万円もないよ! 住宅ローンの返済は70歳まで続くよ! 持ち家がないよ! どうすればいいんだ!! こんな悲鳴や不安が聞こえてきそうです。でも、大丈夫、答えはシンプルです。
①今日から生活を質素にして支出をおさえる。(今晩すぐに奥様に説明して協力してもらいましょう。)
②老後も働けるように健康な心身を保つ(ちなみに高齢者仕事ですぐに就労できるのは、マンション管理、ビル清掃、工事現場の整理、だそうです)。
③今からすぐ資産形成、資産運用する。(運用リスクが怖い、という方には自分年金を積み上げる最善の方法として、選択性確定拠出年金があります。)
→この「長い老後に備える選択制確定拠出年金」については、、こちらのページをご覧下さい。
(2020.11.04)

スガノミクスで日本はさらに衰退、国民は苦しむ!

世界三大投資家の一人、ジム・ロジャースがズバリ予言!!
アベノミクスを引き継ぐスガノミクス、日本にとってこれほど不幸な経済政策はない。
アベノミクスの第一の矢である金融緩和は、円安に誘導し、日本の株価を確かに押し上げた。しかし日銀が紙幣を刷りまくり、そのお金で日本株や日本国債を買いまくれば株価が上がるのは当たり前。引き換えに日本円の価値は下がり(円安)いずれ物価が上がっていくと、今度は国民が苦しむ羽目になる。
こうした通貨の切り下げ策で、中長期的に経済成長を達成した国は歴史上、一つもない。これらの施策で恩恵を得たのは、結局一部のトレーダーと大企業だけだ。
第二の矢である財政出動も、国の借金を増え続けさせるだけで、日本を破壊する政策だ。今の10代の若者には、この国を飛び出すか、あるいは将来の国内暴動に備えて銃をようしておけ、とロジャー氏は言う。
急速に人口減少が進む日本では経済破綻による社会問題が深刻になる。日本研究所の予測では、日本の総人口は現在の1億2700万人が40年後の2060年には9300万人まで、3割の大幅減少になる。その時の14歳までの年少人口は全体の1割に過ぎない。一方でアジアは発展する。21世紀後半はアジアと中国の時代になる。日本がアジアの成長から取り残されるだろう。
アベノミクスを継承するスガノミクスでは、日本の衰退は必然である。やるべきことは、大胆な歳出削減、積極的な移民の受け入れなどだが、政策が変わることはないだろう。であるならば結論は一つ。日本の若者は日本の外に飛び出すべきだ、中国でも韓国でもいい、少なくともその準備をしておくことだ。その方が彼らの人生は豊かになるだろう。
【筆者のツブヤキ、、10代の子供を持つ親として、そうは言われてもなかなか踏み切れない、せめて英語はしっかり身に着けさせよう】(2020.10.23)

タイトルタイトルタイトルタイトル

内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容

タイトルタイトルタイトルタイトル

内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容

ご依頼・お問い合わせはこちら