厚生年金基金・解散対策ゼミナール
<基金解散と後継制度の選択>
〜これからの社員福利厚生のあり方〜

テーマ
1、法改正下の厚生年金基金の
 「解散」と「代行返上」
 ・解散と代行返上の違い
 ・総合型基金の大半は解散に

2、総合型厚年基金の解散について
 ・意思決定と解散業務
 ・企業、加入員、受給権者への影響
 ・早期解散のメリットと課題

3、後継制度の必要性と選択肢
 ・後継制度の必要性・考え方
  (自社制度との関連、内枠/外枠)
 ・中小企業でも導入できる多様な
  選択肢(DB・DC・中退共など)
 ・社員も企業もハッピーな選択肢

◆開催日時;
・4月27日(月)
・5月12日(火)
時間はいずれも
@13:00〜15:00、A15:00〜17:00

場所;
東京都新宿区西新宿1-9-18
永和ビル 地下2階
JR新宿駅西口徒歩3分




“厚生年金基金解散手続

退職金制度の見直し”

発行元:日本法令
定価:本体1,620円(税込)
ご購入はアマゾンホームページからお求めください。→こちら




“年金倒産”
発行元:株式会社プレジデント社
定価:本体1,575円(税別)
増補改訂版発売中

経済評論家・山崎元氏ご推薦!
「深く静かに破綻への道を歩む厚生年金基金。老後の資金ばかりか、会社までが危うい。なぜか?どうすればいいのか?実態を理解し、対策を知って、『企業』と『社員』には生き残って欲しいと著者は願う。誠実な解説による、年金分野では異例によく分かる一冊だ」

著者インタビュー(304KB)
プレスリリース(298KB)

ご購入はアマゾンホームページからお求めください。→こちら
オーヴァルニュースレターでは、企業年金(厚生年金基金の脱退、解散)・人事制度などに関する報道記事や情報をテーマに分かりやすく解説し、企業経営上の判断をサポートします。
最新号(41号)
〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-23-5-101
TEL:03-5333-4808
FAX:03-5333-4809


2016/6/8 日本産業機械工業厚生年金基金の在り方を考える有志研究会ブログを開設しました。http://nskkikin.blogspot.jp/
2016/6/1 大阪伸銅品問屋組合主催による大阪金属問屋厚生年金基金の現状と課題説明会を開催しました。資料はこちらをご参照ください。資料@資料A資料B
2016/5/19 大阪伸銅品問屋組合主催による大阪金属問屋厚生年金基金の現状と課題説明会を開催します。詳しくはこちらをご参照ください。
2016/5/18 大阪金属問屋厚生年金基金の早期解散のための有志企業連合会ブログを開設しました。http://daikinkikin.blogspot.jp/
2016/5/17 東日本紙器厚生年金基金の早期解散のための有志企業連合会ブログを開設しました。http://shikikikin.blogspot.jp/
2015/9/2 日本法令より当社代表著書「厚生年金基金解散手続&退職金制度の見直し」が発売されました。
2015/4/14 ニュースレター44号を発行しました。
2014/9/11 日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」(9月24日)で当社が監修を担当しました「長野県建設業厚生年金基金・事務長横領事件」が放映の予定です。
2014/9/9 ニュースレター41号を発行しました。
2014/8/18 7月末にて「全国光学工業厚生年金基金」の解散が認可されました。「光学基金の巨額簿外債務から会社を守る会」のコメントはこちらをご覧ください。
2014/8/4 ニュースレター40号を発行しました。
2014/7/29 甲信越印刷工業厚生年金基金・新潟県内自主勉強会〜早期解散の実現に向けて〜を開催しました。
2014/7/24 東京金属事業厚生年金基金・第2回自主勉強会〜基金廃止法改正の下での将来選択肢について〜を開催しました。
2014/7/17 東京機器厚生年金基金・自主勉強会〜将来返上後の将来選択肢について〜を開催しました。
2014/7/10 東京機器厚生年金基金・自主勉強会〜将来返上後の将来選択肢について〜を開催しました。
2014/7/7 東京金属事業厚生年金基金・自主勉強会〜基金廃止法改正の下での将来選択肢について〜を開催しました。
2014/6/30 サンデー毎日(2014年7月13日号)「厚生年金基金解散ラッシュ、中小企業を襲う年金・退職金、激減の恐怖」で当社代表への取材記事が掲載されました。
2014/6/25 東京機器厚生年金基金・自主勉強会〜将来返上後の将来選択肢について〜を開催しました。
2014/6/12 ニュースレター39号を発行しました。
2014/2/14 ニュースレター38号を発行しました。
2014/2/13 日本法令ビジネスガイド(2014年3月号)で当社代表寄稿「改正法施行に伴い大きく動き出す!厚生年金基金見直しで押さえておきべきポイントと今後の動向」が掲載されました。日本法令のサイトはこちら
2013/12/13 ニュースレター37号を発行しました。
2013/11/4 当社代表出演、テレビ朝日・モーニングバード「消えた年金24億円横領男逮捕(長野県建設業厚生年金基金)」が放送されました。
2013/10/1 10月22日(火)14時半より東京中小企業投資育成且蜊テにて厚生年金基金対策セミナーを開催致します。詳細はこちらのリンク先をご覧ください
2013/8/29 厚生年金基金制度改正についての厚労省資料をまとめました。
厚生年金基金基金制度の改正について(46MB)
こちらの小冊子をご希望の場合は、ご相談窓口からご相談内容に「制度改正資料希望」と入力して送信ください。無料にてお送りします。
2013/6/28 ニュースレター36号を発行しました。
2013/6/19 厚生年金基金制度見直し法案は、平成25年6月18日参議院・厚生労働委員会で、可決し、共産党を除く5党より共同提案された付帯決議も可決し、平成25年6月19日参議院・本会議で可決、成立しました。
2013/5/23 厚生年金基金制度見直し法案は、平成25年5月23日午後、衆議院本会議で与野党の賛成多数で可決され、参議院に送付されました。
2013/5/1 ニュースレター35号を発行しました。
2013/4/12 政府は本日(4/12)厚生年金基金制度見直し法案を閣議決定し、国会に提出しました。
2013/3/29 当社代表著、「年金倒産」増補改訂版がプレジデント社から発売されました。
2013/3/19 ニュースレター34号を発行しました。
2013/2/14 ニュースレター33号を発行しました。
2013/1/23 企業実務2月号(2013年1月25日号)で当社代表寄稿「厚生年金基金 何が問題で、これからどうなるのか?」が掲載されました。
2012/12/7
ニュースレター32号を発行しました。
2012/11/26 12月11日(火)大阪中小企業投資育成且蜊テ「取り残された総合型厚生年金基金緊急セミナー」を開催します。
2012/11/15 第1回厚生年金基金基金制度に関する専門委員会に提示された厚生年金基金制度の見直しに係る「厚生労働省試案」についての内容説明とその効果の評価を発表致します。「厚労省試案の内容解説はこちら(531KB)
2012/11/14 長野県建設業厚生年金基金の任意脱退を巡る長野地裁の一審判決についての当社の見解を発表致します。「長野地裁判決の内容解説はこちら(368KB)
2012/10/18 新潟市内にて基金加入事業所による自主勉強会を開催しました。
2012/10/13 当社代表出演、TBS・みのもんたのサタデーずばッと「損失のツケは厚生年金加入者に?基金ついに廃止へ」が放送されました。
動画@動画A動画B
2012/10/12 当社代表出演、フジテレビ・ニュースJAPAN「中小企業“連鎖倒産”も廃止方針で年金基金は」が放送されました。
2012/9/21 日本旅行業協会(JATA)主催「国際観光フォーラム旅博2012」にてマネジメントセミナー“グローバルビジネスに対応するための人材育成とは〜全員参加型リーダーシップと女性社員活用”の講師を当社代表が務めます。セミナーレジメはこちら
2012/9/1 朝日新聞(9/1)の記事「厚年基金、脱退加速か」に当社代表のコメントが掲載されました。
2012/8/27 週刊エコノミスト(2012年9月4日号)で当社代表寄稿「行き詰まる厚生年金基金、運用難で損失の拡大続く、解散もできない中小企業の苦悩」が掲載されました。
2012/8/24 長野県建設業厚生年金基金の加入事業所が基金からの脱退を認めないのは不当として、脱退を不承認とした代議員会議決の無効確認を求めた訴訟で、長野地裁は原告の請求を認め、事業所の脱退を当初の脱退届出日に遡って承認し、規約から事業所名・所在地を削除し必要な手続きを行うよう命じました。判決文はこちら
2012/7/22 当社代表出演、NHK静岡放送「厚生年金基金の財政を考える勉強会」が放送されました。
2012/6/17 フジテレビ・スーパーニュースWEEKEND「AIJは氷山の一角、運用損抱える企業年金」が放送されました。
2012/6/7 当社代表出演、NH・視点論点「曲がり角の厚生年金基金」が放送されました。NHKのサイトはこちら
2012/5/28 当社代表出演、関西テレビ・ニュースアンカー「進むも地獄、退くも地獄!?大丈夫か、会社員の年金」が放送されました。
2012/5/20 当社代表出演、フジテレビ・スーパーニュースWEEKEND「総合型厚生年金基金、連帯責任で連鎖倒産も」が放送されました。
2012/5/13 当社代表出演、フジテレビ・スーパーニュースWEEKEND「厚生年金基金やめたい、でもやめられない理由」が放送されました。
2012/5/6 当社代表出演、フジテレビ・スーパーニュースWEEKEND「年金が原因で経営破たん、厚生年金基金の重圧」が放送されました。
2012/5/4 日経新聞(5/4)1面コラム「年金消失」で当社代表のコメント及び当社企業年金対策セミナーの様子が掲載されました。
2012/4/24 当社代表出演、NHKラジオ第一「私も一言!夕方ニュース」が放送されました。
2012/4/10 日本法令ビジネスガイド(2012年5月号)で当社代表寄稿「中小零細企業が抱える厚生年金基金問題の実態と講ずべき対策」が掲載されました。日本法令のサイトはこちら
2012/3/28 PRESIDENT Onlineで当社代表寄稿「中小企業を救った日本マクドナルドのコスト意識」が掲載されました。
2012/3/25 当社代表出演、日本テレビ・真相報道バンキシャ「あなたの企業年金は大丈夫?AIJ問題で分かった危ういシステム」が放送されました。
2012/3/24 当社代表出演、NHK・おはよう日本「厚生年金基金財政悪化、追い込まれる中小企業」が放送されました。
2012/3/17 当社代表出演、TBS・みのもんたのサタデーずばッと「AIJの年金巨額損失で私たちにも負担が?」が放送されました。
2012/3/15 当社代表出演、NHK・クローズアップ現代「年金資金が消えていく、AIJ巨額損失の衝撃」が放送されました。
2012/3/5 PRESIDENT Onlineで当社代表寄稿「AIJ投資顧問事件であぶり出された企業年金の闇」が掲載されました。
2012/3/5 週刊エコノミスト(2012年3月13日号)で当社代表寄稿「厚生年金基金の悲惨な実態」が掲載されました
2012/2/27
当社代表出演、テレビ朝日・モーニングバード「AIJ投資顧問、消えた年金2,000億円」が放送されました。
2012/1/7 人事コンサルタント城繁幸氏のブログにて「年金倒産」が取り上げられました。
2011/12/8 厚労省より平成23年度指定基金に新たに31基金が指定されました。指定基金の合計は81基金となりました。PDFファイル(201KB)
2011/11/1 週刊ダイヤモンド(2011/11/12号)に「年金倒産」が紹介されました。PDFファイル(176KB)
2011/9/15 10月末にプレジデント社より当社代表著書の「年金倒産」が出版されます。
2011/9/1 当社特別顧問に菊地達治氏(元ダイヤ連合厚年基金事務長)を迎えました。


退職金・企業年金制度の制度改定業務
  中堅・中小企業の退職金・企業年金制度が抱える本質的な問題を、「会計・財務」、「制度・構造」、「運用リスク」、「人事・労務」の各側面から検証し、企業経営の視点から「リスクフリー&コストフリー」の対策によって退職金・企業年金の制度改定を実施します。
総合型厚生年金基金制度の対策業務(任意脱退サポート、基金解散支援業務)
  企業年金の中でも厚生年金基金制度について、様々な角度から分析し、社内外の対策の実践サポートをご提供します。過去の任意脱退希望の顧客企業様につきましては訴訟も含め100%任意脱退しております。
ポイント制退職金制度の導入業務
  退職金の算定方式に「ポイント制退職金制度」を導入することにより、社員の成果や能力を公正に評価し報酬に反映することで、組織の活性化を図ることができます。


Copyright(C)2008 Oval Risk-Management Services Inc. All Rights Reserved.

benkyokai.htmlへのリンク